ページタイトル

一般的な雇用調整

雇用調整コンサルティング > 

ホーム > 

一般的な雇用調整
制度名 希望(早期)退職 希望(早期)退職
(退職勧奨は合法)
個別勧奨
(退職勧奨は合法)
整理(指名)解雇
司法の観点 合意解約 合意解約 合意解約 一方的解約
タイプ 自発型 勧奨型 勧奨型 通知型
主導権 会社 < 従業員 会社 > 従業員 会社 > 従業員 会社
手段 応募待ち 話し合い 話し合い 解雇通知
長所 ・本人意向優先
・労働組合の合意が得られやすい
・慰留しやすい
・会社が設定した募集
・目標達成が容易
・慰留しやすい
・対象者が少ない場合は社内のモラルダウンが少ない
・有効な代謝促進
・即効性
・新しい要員体制への見通しが付けやすい
短所(その他) ・優秀人材の流出
・目標未達成の恐れ
・強制、脅迫は不可
・周到な準備が必要
・強制、脅迫は不可
・噂が出やすい
・整理解雇の4要件を充分に検討する
整理解雇の4要件
窓上   窓上

経営上の必要性

何故、人員整理(解雇)をしなければならないのか?理由?

回避努力義務

人員削減(解雇)の前に、可能な限り経費等の削減に取り組む※希望(早期)退職は回避努力の義務の一つ。

窓下 窓下
空白
窓上   窓上

人選の合理性

対象となる人を決める基準が公平かつ合理的か?「何で私?」に明確に答えられるか?

手続きの合理性

労働組合があれば、組合への充分な説明と協議し、必要性や規模・整理基準の説明を尽くす。

窓下 窓下
ページ上に戻る